北京の真冬と言えば、虫の鳴き声を聞きながら、熱々の火鍋を食べる事だ

虫は真冬で生きられないが、虫の鳴き声好きな愛好家たちは、真冬でも虫が生きられるように飼っています。
これは昔から、愛好家たちの伝統で、今でもこの趣味を持っている人は沢山います。勿論、真冬で虫をペットにするには、非常に高い趣味となります。

特に昔北京の皇族たちは、虫の鳴き声を聞きながら、熱々の火鍋を食べるのが、特有な風景だったようです。

きれいな鳴き声を出す虫を見せている愛好家
真冬で、虫を洗う方法を見せている