F16V、墜落した台湾戦闘機の残骸とパイロットのジャケットを発見!

台湾 嘉義周辺海域で墜落したF16V戦闘機は1/12午前、機体の残骸を発見しました。残骸は同地域で、バラバラな状態で、パイロットのジャケットと思われるものも発見して、操作は続いています。
(情報元:F-16V墜海疑尋獲外套 蔡英文今赴嘉義慰問家屬)

同機、F-16V、6650号機は、台湾海峡でよく登場する飛行機である。以下は去年、スクランブル飛行で、中国空軍のH-6爆撃機と現れた写真である。

脱出装置を使わない、墜落直前の異様な操作から、同機の墜落は、中国からの電磁波攻撃により、興した故障だと推測されています。
2020年、旧型のF-16A/Bは中国空軍の電磁波攻撃により、1機が墜落したと間もなく、同型機飛行停止。
今回の事故を受け、F-16Vも全機飛行停止となっています。