2月13日、武漢の爆鳴が、戦争の前奏?

2月13日、武漢から、多くの人は爆鳴を聞こえたとSNSなどで共有している。

合計3回、音が空から出たことで、地面や、壁は大きな揺れを感じる程、非常に大きだと、多くの人から証言されたようです。
爆鳴の直後、爆発を確認できない所から、ソニックブームではないかと言われています。

ソニックブームは飛行機、ミサイルの超音速飛行により、発生するものです。新型コロナウイル退治のために、中国軍は武漢に集まっているが、何故、戦闘機など、超音速まで出すか、戦争の準備ではないかと私は推測します。

DF-17ミサイルの飛行距離、1400KM、武漢⇒台湾の直線距離、1000KM、ちょうど射程内です。
台湾の統一戦争は近くなっているのか?

関連:朝鮮軍の異動から、どうやら、台湾海峡戦争の準備を読めた?