【ウクライナ危機】3/9速報

日本はウクライナ紛争の実情報の入手が困難な状態です。こちらの収集した情報と簡単な推測を共有します。

    1. あらゆる必須品、食料(小麦等)、金属(ニッケル等)、エネルギー(石油等)の価格は高騰
    2. 中露のLNG30年間契約から、中露VS米の対抗は、30年間続くと推測できる
      米ソ冷戦の歴史、中国は米陣営加入後のソ連崩壊から、2050年代前後、米国崩壊すると推測できる。
      ⇒脱線するが、
      これから、世界はイスラム原理主義は迅速蔓延し、世界は混乱に陥る
      2053年以降、人類の敵は米国→イスラム原理主義に切り替わる見込み
    3. 今まで、露軍はポイントを狙った小規模戦闘だが、こらから、大規模攻撃を行う見込み。
      ウクライナ軍は外国人、庶民撤退を邪魔する理由である。
    4. ロシアは日本、韓国を敵対国リストにする
    5. ルガンスク人民共和国 露軍との解放作戦完了し、解放された地域から、給付金と年金の支給は開始。
    6. ウクライナ軍は民間施設への攻撃は相続く
    7. 中独仏、ウクライナ問題に、欧州と協調
      ⇒欧州のTOP、中国、バイデン(米国)抜きがポイント
      ⇒LNG、原油を購入し続ける間、西欧は主な市場だから、ロシアは基本、侵攻しない。
      西欧はNATOが必要ない、必要とするのは、東欧である。
      ⇒NATOの解散に、又は、西欧のNATOの撤退に、中国は積極的だと読み替えてもよいでしょうか?
    8. ウクライナをコントロールできたら、ロシアは食料覇権を握るわけ。
      ルーブルは食料、原油貿易において、重要な通貨である。
    9. ゼレンスキーはキエフにいるか?
      キエフの街でライブ放送すればよい。今の動画は、事前に用意した可能性が高い。
      ⇒ゼレンスキーの任務が終えてないから、ロシアは暗殺しない。
      ⇒ゼレンスキーの任務とは、ウクライナ大統領として、
      ルガンスク人民共和国独立、ドネツク人民共和国独立、グルジアのロシア領を認めてもらう事である。