Search results of [一帯一路の戦略を理解するーー海上編] : 8

国家戦略

... まりとして日本マスコミは基本、否定的な論述が主流でした。マスコミは戦略的な視点から説明できないので、当サイトはその不足な所を埋めようとして、一帯一路の戦略を理解するーー海上編を作成しました。まだ見られていない方は、是非、その一、その二、その三、一通り目を通して頂ければと思います。 海上編の ...

国家戦略

中国の南シナ海対策:戦わずして敵を屈服させる。前編の紹介した通り、アメリカはベトナム、フィリピン等、東南アジア諸国を煽動し、マスコミ、国際裁判も協力してもらうから、当たり屋のように中国を挑発して、戦争を興せたらアメリカは武力でバックアップしてあげる事で、そこの島、領海は全て手にすることはできる ...

国家戦略

天安門事件は中国への影響は余りにも大きすぎて、このテーマはそこから起点にしました。前回の「海上編:その一」の 関連事件の大まかなタイムラインにある「台湾海峡危機」に唐突を感じるかもしれませんので、説明します。先に結果を説明しますと、今の台湾政権が維持している事は、中米政権の交易の結果で、中国経 ...

国家戦略

一帯一路の本質を簡単にまとめると、典型的な大陸文明の中国はロシアを巻込み、ヨーロッパと協力して欧亜大陸の通商経路を再建を図ることで、事実上海洋文明の北米、オーストラリア等をマージナライズゼーシヨンする事です。 一帯一路は世界の運命を左右する非常に大きな戦略です。この通商路を制するために、戦 ...

ニュース,政治

... りします。 前提知識 何故、南シナ海を巡って、中米は紛争をするか、一言いうと、一帯一路の海上ルートの紛争である。こちらについて、過去の記事「一帯一路の戦略を理解するーー海上編」をご参考して頂ければと思います。もう一つ主な理由として、セカンドストライク、核による反撃力を確保するために、核潜水艦の動 ...

台湾光復,政治

... のために、戦争を成るべく避けようとしている。逆に、台湾海峡危機を利用して、アメリカから利益の最大化を図っているところです。こちらについて、「一帯一路の戦略を理解するーー海上編:その二」でも紹介しております。 中華人民共和国、中華民国の関係について、これ以上です。今までのおさらいでもあります ...

ニュース,政治

... りるでしょう。アメリカ大陸のマーケットへ進出するために、中国はTPPへ参入する必要がある、但し、TPPでは大きな罠が中国を待っていること、「一帯一路の戦略を理解するーー海上編:その一」でも少し触った。 新しいマーケットを開拓するために、中国はTPPを諦めて、一帯一路戦略を立ち上げました。 ...

易経文化

... は糾える縄のごとし」 、今は「 禍 」と見えても、実は「福」かもしれません。前向きが大事です。 個人レベルの事から国の事へ移ります。「一帯一路の戦略を理解するーー海上編:その二」で紹介した、中国は1996年頃、台湾の現状(独立に近い)維持で、弱気でWTOの加入と交換して、当時の中国人でした ...