ニュース,台湾光復,政治

台湾・蔡英文総統、反浸透法案の至急可決について、本質を至急で解説します。

1.中国からの不法献金防ぐについて
 独立を主張する民進党は、大陸の商売はメインの財源であるので、中国からの金を拒否ではなく、無条件で受け取 ...

ニュース,政治

日中韓ビジネスサミットは成都で行い、三国のリーダーは新たなアジアマーケットを築くダメに、友好を演出してきました。何故、私は敢えて「日中韓ビジネスサミット、米の孤立される合図だ」と主張するかと、現実的に、日中関係は対等な国家関係にならず ...

ニュース,政治

成都での日中韓ビジネスサミットは、東アジアの新たなマーケットは形成される。RCEPと合わせて、東南アジア含めて、関税ほぼゼロの巨大な経済圏になる。

東南アジアの原材料、日本のハイテック、中国、ベトナムなどの世界工場で生産し ...

ニュース,国家戦略,政治

次期の米大統領は、ドナルド・トランプとマイケル・ブルームバーグ、両氏の中からうまれるでしょう。
裏側の勢力は中国、アジア今後の発展に大きな影響を与えるので、ここで、マークしておきます。
そして、トランプ氏より、ブルーム ...

ニュース,政治

独立を主張する民進党の党首、現中華民国(台湾)総統、蔡英文氏は、1998年、大陸へ訪問した時、同氏は台湾の中国統一は唯一の道であると出張したことは、元中華民国立法院議員、邱毅(きゅうき)氏に公開されました。

中華民国総統、蔡英文 ...

ニュース,政治

「香港と同じ一国二制度 マカオではなぜ反中デモが起きないのか」理由は色々あって、複雑でしょうが、中の要因の一つは、1966年に発生した暴動は、中共政権は軍をマカオの境に集結し、ポルトガル政府に謝罪と賠償を要求したのだ。
香港は ...

ニュース,政治

中国を読み解くさんは個人のブログで、世界中あっちこっちで情報収集する事は出来なく、マスコミ、ネットから入手した情報をまとめて、分析するのが基本的な方法です。表題の結論を得たのがこの「中国人民解放軍が限界露呈」からです。

大連港を ...

ニュース,政治

日本など民主国家では、言論の自由を唱えながら、政治的正当性もあります。例えば、フランスなど西欧では、同じアメリカの大統領でも、トランプだったら何でも否定する、オバマだったら何でも肯定するのが基調です。何故かと、別に深い理由がなく、白人 ...

ニュース,政治

私の主張として、トランプ氏はかなり親中の大統領であり、連任して欲しいです。残念ですが、次期のアメリカの大統領はマイケル・ブルームバーグ氏になるでしょう。

マイケル・ブルームバーグ

ブルームバーグ氏は前NY市長で、経済の実績は ...

政治

安倍総理は極右で、国粋主義の政権の代表です。

特に右翼たちの安倍政権の非難について、正直よく理解できません。中ではよく知られている政治評論家も沢山いて、安倍と中国しか見えない愚かさに驚きます。
脳回路に白黒しかない ...